自律神経や心身相関と東洋医学の関係を考えます。

2000年前に登場した東洋医学の知恵と知識が現代に生きる私達のストレスに対する対策として有効であることがわかってきました。そこで、東洋医学のストレスとの関係はどのように考えるのかを実際に身体を動かす実技を交えながら学びます。

ここではストレス対策としてアロマセラピー活用法を学びます。

日常のストレスに対して私たちの心と体は常に変化をさせながら対応しています。アロマセラピーで使われる精油は、その時々の自分の心と体の状態に合わせて使用することで効果を発揮します。また香りの好みから今の状態への「気づき」を促す働きも持っています。この講座では、実際の使い方や精油の選び方など、アロマセラピーの基礎から応用までを学ぶことが出来ます。日々を快適に過ごすための養生法の一つとしてのアロマセラピーを活用してください。

Part 3では、人間のストレス緩和に有用と言われるペットとの暮らしについて考えます。

ペットはもはや家族の一員として扱われることも多くなりましたが、ヒトにはヒトの生き方があり、
ヒト以外の動物にはヒト以外の動物の生き方があります。私たちはペットにとって運命そのものです。
彼らにとって不幸な運命にならないためにも、ペットとして一緒に暮らすことが多い代表的な動物を例に、
お互いに快適に暮らすために必要な知恵を学びます。