メディシェフに必要な医療・栄養・調理について、基本となる知識を学びます。
特に医療編では生活習慣病に関わる知識を網羅的に学ぶことで、健康と食の関わりの
深さを理解しましょう。
栄養編、調理編では実際に料理すをする上で土台となる必要な知識を学びましょう。

生活習慣や遺伝により、血液中の糖が増えてしまう糖尿病。
40歳以上の日本人では4人に1人が有病者であり、合併症によって体中の
どこでも深刻な疾患につながる恐れのある病気です。
糖尿病対策の食事はすべての生活習慣病対策に有効です。
しっかり学びましょう。

日本人で最も患者数の多い生活習慣病です。
合併症により脳卒中や心疾患を引き起こす病気で、早期の対策が重要です。
食事療法の大きなポイントは減塩。食材や調味料の持つうま味を最大限に
引き出すことで、減塩でも美味しさを実現できる食材を選びましょう。

以前まで、「高血圧症」と呼ばれていた生活習慣病で、脂質やカロリーの過剰摂取により
患者数は急激に増えています。
食事療法では、コレステロールの摂取を抑えるほか、コレステロールの上昇を抑える食材を選びましょう。
摂取する油の選び方も重要なポイントです。